有効成分HMBとBCAAとクレアチンの違い

HMB、BCAA、クレアチンの違いって何?

筋肉サプリ、特に最近だとHMBサプリには、筋肉を効率よくつけるための有効成分として、HMB、BCAA、クレアチンが入っているものが多いと思います。

 

当サイトイチオシのベルタHMBサプリにも、HMB、BCAA、クレアチンという成分が入っています。

 

筋肉を付けるために、有効な成分だということはご存知かと思いますが、じゃあどんな効果があるの?いつ飲んだらいいの?までは知らない人が多いのでは?

 

正直な話、HMB、BCAA、クレアチンがどういう効能があるのかを知ったところでどうなるという話ではありませんので、へぇー、そうなんだ、程度に知っておいて貰えればいいと思います(笑)

 

BCAAとは

BCAAはHMBがスポットを浴びる前に、アスリートなどに多く取り入れられていた成分です。

 

必須アミノ酸である、バリン、ロイシン、イソロイシンの事をいいます。

 

このBCAAがどのような効果をもたらすのかというと、筋肉を作るということもあるのですが、筋肉の疲労を軽減、回復してくれるという効果筋肉の分解を抑制してくれる効果があると言われています。

 

私達の体の血中にはBCAAが存在しています。
そして、このBCAAは運動をすることにより、徐々に消費されていき、不足状態となってしまいます。

 

で、体内のBCAAが無くなったらどうなるのかというと・・・・

 

体は筋肉を分解してBCAAを作ろうとしてしまうんですね。

 

となると、せっかく筋トレや運動で頑張ってつけた筋肉をBCAA不足ということで、分解されちゃうのでは、ちょっと勿体無い。

 

だから、特に長時間の運動、ジョギングなどの前ではBCAAを前もって摂取しておく必要があるんです。

 

 

また、BCAAは筋肉の疲労軽減、回復ということにも一躍買ってくれるので、ハードワークを繰り返す人は是非とも沢山摂っておきたい成分です。

 

ハードワークを繰り返す人だけではなく、仕事が立ち仕事などでハードな人、疲れが残ってしまうという人も、摂っておいて損ではない成分といえるのではないでしょうか。

 

 

このように、BCAAが不足すると筋肉の分解に繋がる、筋肉の疲労に繋がるということからすると、ジムなどで運動をするときは、運動前に多く摂取しておくのがベストな成分です。

 

BCAAが不足すると体は筋肉を分解してBCAAを作ろうとする
BCAAは、筋肉の疲労回復、軽減にも繋がる
BCAAは、運動前に多く摂取しておくのがベスト

 

 

HMBって何?

HMBとは、別名β-ヒドロキシ-β-メチル酪酸と呼ばれるそうなのですが、そんなのどうでもいいです(笑)

 

HMBは、必須アミノ酸であるバリン、ロイシン、イソロイシン(BCAA)の、ロイシンに特化した成分です。

 

HMBサプリについて色々な販売サイトや情報サイトによく書いてあるので、ご存知かと思いますが、HMBはロイシンを摂取したときにしか生成されない成分であり、体が勝手に生成してくれる成分ではないので、しっかりと食物やHMBサプリで摂取していく必要があります。
しかも、HMBは摂取したロイシンの5%にしかならない、筋肉にとってはとても貴重な成分なんです!!

 

 

HMB3000mg摂ろうとしたら、プロテインをおよそ30杯も飲まなくてはならないという・・・拷問に近いですね(笑)

 

HMBは本当に摂取しづらい成分なので、HMBを摂りたいというのなら、食物のみで1日の推奨量1500〜3000mgを摂取するのはちょっと無理で、HMBサプリなどで補給していく必要があります。

 

 

このHMBにどんな効果があるのかというと、簡単に言うと、損傷した筋肉の回復を助けてくれるという役割を果たしてくれます。

 

筋トレや高負荷のウェートトレーニングをして何故筋肉が付いていくのかというと、筋肉の損傷と回復を繰り返すからなんです。

 

「筋肉が損傷する→筋肉が回復する→筋肉が損傷する→筋肉が回復する」という流れによって、体に筋肉がついてきたり、付けた筋肉が肥大化(マッチョ化)していきます。

 

そして、HMBという成分は、この損傷した筋肉を回復してくれるというのが、一番の役割なんです。

 

筋肉増強剤とかではないので(筋肉増強剤がどのようなものか知りませんが笑)、あくまで筋肉の損傷があるときに効果が発揮されるため、筋トレや運動をあまり頑張っていない人には、そこまで効果のある成分ではありません。

 

だから、HMBサプリを飲もうと考えているのなら、「今よりももうちょっとだけ筋トレや運動を頑張ろう!!」意気込みがあれば、HMBの効果をもっと体感できるのではないでしょうか♪

 

 

このように、HMBは筋肉の損傷の回復を助けてくれるという効果が期待できるため、飲むタイミングとしては、筋トレ後が一番効果的だと言えます。
もっとも、運動前にも体内にHMBを入れておくことも重要ですよ。

 

 

HMBは体内で勝手に生成される成分ではない
HMBは摂取したロイシンの5%にしかならない、筋肉にとってとても貴重な成分
HMBは、損傷した筋肉の回復を助けてくれるという効果が期待できる
飲むタイミングとしては、運動後がベスト

 

 

クレアチンって?

クレアチンが入っているHMBサプリもあれば、入っていないサプリもあります。

 

簡単に言うと、クレアチンは筋肉に対して直接的に何か影響を与えるという成分ではありません。

 

じゃあ、どんな効果があるの?って話になりますが、一番の期待できる効果は、無酸素運動や高負荷の掛かる筋トレ時に最大限のパフォーマンスを発揮するエネルギーを体に与えてくれるという効果が期待できます。

 

イメージ的にいうと、普段は5しかできないけど、今日はクレアチンを飲んで7頑張れたっていう感じです(あくまでイメージです。)

 

 

だから、クレアチンが筋肉に関して、直接的に何か影響を与えるのではないですが、運動、筋トレが高パフォーマンスになった結果、体に多くの筋肉が付いていくということは考えられます。

 

 

 

クレチンはHMBとは違い、体内でも生成される成分であるので、クレアチン不足という状況に陥ることは少ないかと思いますが、高負荷の掛かる運動を今日は頑張ろう!と言う日には、是非とも多量に取っておきたい成分だと思います。

 

飲み方としては、高パフォーマンスを演出させるために、運動前に大目に摂取しておくのがベストですね。

 

クレアチンは筋肉に直接的に影響を与えるものではない
無酸素運動、高負荷トレーニングのパフォーマンス向上に効果あり
クレアチンは、体内でも生成される成分
飲むタイミングとしては、運動前がベスト

 

まとめ

HMBサプリには、HMBやBCAAやクレアチンって書いてありますが、その働き方は違います。

 

その働きを考えて、ベストなタイミングで飲んであげるのか、それぞれの効果を最大限に発揮させるためには必要なのですが、HMBサプリにはHMB、BCAA、クレアチンが人くくりに配合されています。

 

 

もしあなたが、ジムで運動をやっている、趣味でも何か運動をやっている、というのなら、HMBサプリは運動前と運動後に分けて飲むのが一番効果的な飲み方かなと思います。

 

まぁ、HMBサプリは健康補助サプリなので飲むタイミングはいつでもいいんですが、そんな事を言ったら実も蓋もありませんからね(笑)

 

あまり実用的な知識ではありませんが、へぇーそうなんだー程度に覚えておけばいいと思います♪

page top